高い痩身効果を得る

エステの台

施術後の運動やマッサージが肝心

キャビテーションによる痩身が話題となっています。なぜなら、寝そべったままで痩せやすい体にしていくことができるからです。 ただし痩せやすい体にはなりますし、その場である程度の痩身効果を得ることができるのですが、本格的な痩身効果が出てくるのは、施術後となります。施術後に2週間ほど運動やマッサージをおこなうことで、徐々に高い痩身効果が出るようになっていくのです。 そもそもキャビテーションとは、超音波により体内に気泡を作り、その気泡がはじける衝撃で脂肪を乳化させていくというものです。つまり気泡をはじけさせなければ、脂肪の乳化はなかなか進まないのです。そしてはじけさせるために必要なのが、運動やマッサージということです。キャビテーションで痩せるためには、施術後の努力が必要不可欠と言えます。

呼吸法や水分補給による工夫

運動やマッサージの際に、有酸素呼吸をおこなうと、さらに高い痩身効果が期待できるようになります。 有酸素呼吸とは、酸素をたっぷりと体内に取り入れて、二酸化炭素をしっかりと吐き出すという呼吸法です。具体的には、鼻からゆっくりと、肺がいっぱいになるまで吸い込んで、口から細く長く完全に吐き出すという方法でおこないます。 この呼吸法により、体内には多くの酸素が入り、その酸素によって脂肪燃焼率が高められます。運動やマッサージをしながらこれをおこなうことで、乳化した脂肪がどんどん燃焼されていくようになるわけです。 さらに、水分をできるだけ多く補給することも有効です。水分補給を多くおこなうことで尿がよく出るようになるのですが、その際に乳化した脂肪も一緒に排出されるのです。 こういった工夫をおこなうことで、キャビテーションの効果は一層高くなります。

このエントリーをはてなブックマークに追加