気軽に起業できる

鏡の前の女性

どんな人がエステをしていたのでしょうか

現在ではエステというと手軽に受けることができるものなので、若い女性であったり主婦であったり、普通の会社員やパートで働く女性であっても、子育て中の人でもシニア世代であっても美容に関心のある人であれば誰でもサロンに入ってきますが、紀元前から始まったエステは歴史的な美人で有名なクレオパトラの時代やその後の時代においてもセレブな女性でなければ施術を受けられないほど高級なものでした。 また、数十年前であっても映画などに出演している女優や有名な雑誌やファッション関係のモデルであれば肌を美しくみせるためにエステに通っていた人も多いですが、一般の人達には夢のような世界であり、手の届くようなものではありませんでした。

今後はどのようになっていくのでしょうか

時代の変化とともにエステも今後、ドンドン変化していくと思われますが、どのように変わっていくのでしょうか。 最近は美容に関心がある主婦やOLがメーカーや専門学校で学んでエステサロンを開業し自営で営業をしている所がとても多く、自宅の空いている一室を利用したり、マンションやアパートを借りてそのうちの一室をサロンとして営業している人も増えてきています。 このように手軽に個人でもできると気軽に考え起業する人が増えていますが、お客様を獲得するための営業がだんだん厳しくなり営業が苦手なサロンは経営が厳しくなる傾向もあり、顧客が欲しいばかりで強引な集客をするサロンも評判が悪くなり顧客離れが進み経営が成り立たなくなる場合も出てきますので、経営に関してシッカリ勉強したサロンだけが生き残る形になっていくでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加